お知らせ内容をここに入力できます。 詳しくはこちら

Recamp勝浦キャンプ場に行ってきた感想(35枚写真付き)

今回は千葉県にある「recamp勝浦」に行ってきました。

たくさん写真を撮ってきたので

どんな施設?

どんなアクティビティーあるの?

雰囲気はどんな感じ?(隣とのサイトは狭くない?)

スーパーは近くにあるの?

などなど。

写真付きでRecamp勝浦をレビューしていきたいと思います。

早速、見ていきましょう。

目次

今回のキャンプ場recamp勝浦はチェックインやチェックアウトなど

全てスマホで行います。

キャンプ場を予約するとメールで事前チェックインメールが送られてきます。

そこからLINEを開き事前チェックインを進めていきます。

私は事前チェックインを済ませていたのでスムーズにチェックインできました。

少し列になっていたので、早めにやっておくことをお勧めします。

今回は2日とも晴れで最高でした。最近キャンプの日に雨ということが多かったので…

早速テントを設営

見てもらうと分かりますが、右側にあるタープはお隣さんです。

サイトの広さは一般的か少し狭いかな!という印象です。

と言うのもサイトによっては大きな木が何本か生えています。

私のところは左側に映っている木一本でしたがお隣さんは3本も生えていました。

大きめのテントとタープを張るのは難しいかも知れません。

木が生えていなければ余裕だと思います。

 

設営も終わり、少し休憩して散歩に出かけます。

Recamp勝浦の設備はどんな感じ?

気になるキャンプ場の設備はどうなのか?

見ていきましょう。

Recamp勝浦のお風呂とシャワールーム

このキャンプ場はお風呂とシャワーが無料で何回入ってもいいのが最高でした。

お風呂は完全予約制で当日予約すればいいだろうと思ったのがダメでした。

キャンプに行った日が土曜日だったこともあり、お風呂は予約で埋まって

入れませんでした。

かなりの人がいたのでシャワーも混むかな?と思い早めに浴びることにしました。

シャワーは予約なしで空いてれば入れます。

シャワールームは5個ありました。

シャワールームの前にパウダールームがあり、ドライヤーなどが置いてありました。

中はエアコンが聞いていて、かなり快適でした。

出来たばかりなのか、かなり清潔感のある快適空間でした。

Recamp勝浦のトイレは撮り忘れましたが、水洗トイレで清潔感がありました。

Recam勝浦の炊事場はこんな感じ

炊事場も使いやすかったです。

ただ、洗剤やタワシなどはないので、持参していきましょう。

今回キャンプ場は満員状態でしたが、炊事場に並ぶということは無かったです。

今写っている炊事場の裏にも全く同じ炊事場がもう一つあります。

ここの一箇所だけお湯が出ます。

夏場だったこともあり、冷たい方で十分でした。

炊事場の近くには自動販売機もあります。

Recamp勝浦にはランドリーもある

ランドリーも洗剤や柔軟剤はありませんが、洗濯のみ無料で使うことができます。

連泊をする方にも嬉しいサービスです。

上にある乾燥機は有料でした。

Recamp勝浦はファミリーキャンプにオススメです

Recamp勝浦には子供が喜びそうなアクティビティーが充実していました。

私が行った時も子供の声が多く、ファミリーが多かった印象です。

では、アクティビティーを見ていきましょう。

500円払えば竿を貸してもらえ、ザリガニ釣りが行えます!

数組のファミリーが楽しんでいました。

このエリアでは白い布に光を集めて様々な虫を集め観察するアクティビティーです。

ザリガニエリア以外は基本的に無料で遊ぶことができます。

子供たちは喜んで遊んでいました!

他にも管理棟の横では薪割り体験を行っていました。

キャンプ場中央にはキャンプファイヤーを行えるスペースがありました。

団体様限定なのか定かではありませんが、何かしらの予約が必要な感じでした。

気になる方はスタッフに聞いてみてください。

Recamp勝浦の売店もご紹介!

ここは元々は「しあわせの丘リゾート」という場所がrecamp勝浦に変わりました。

Recamp勝浦に変わってからは売店などの商品数や内装が大きく変わったそうです。

こちらが管理棟

店内を見ていきましょう。

お酒、燃料、薪などがあり、突発的なアクシデントや買い忘れた飲み物などは問題なく買い足すことができます。

また、サイトで休んでいるとカートを引いてお酒やおつまみの移動販売をしていました。

Campbeerという面白いビールを購入しました。

味は黒ビールでした!!ギネスが一番近いかな?

すごく美味しかったので、購入してみてください。

また、私が行った時はタイミングが良く出店が4店舗出ていました。

地酒、アクセサリー、お魚などが販売されていました。

せっかくなので、アジを購入して焼くことにしました。

テントを張るのがめんどだな〜と感じる方は、このようなこじんまりとしたコテージから

一軒家のようなコテージを借りることもできるので、チェックしてみてください。

散策も終わり自分たちのテントに戻りご飯にしました。

私たちのキャンプ飯を少しご紹介

ミニ焚き火台を使ってテント内でBBQをしました。

やっぱり、外で炭火で食べるお肉は最高でした。

続いては海鮮のホタテを頂きました。

肉と魚最高のキャンプ飯でした。

キャンプ場に行く時どこのスーパーに行くか迷うと思います。

このrecamp勝浦のキャンプ場近くにはスーパーのベイシアがあります。

キャンプ場から約3.5キロくらいだったので、スーパーはこちらに行っておけば大丈夫だと思います。

このお肉やホタテはベイシアで購入しました。

お酒を飲みすぎて写真を撮り忘れましたが、他にもアジやエリンギなどを美味しく頂きました。

次の日は撤収して、御宿町中央海水浴場に行きました。

こちらの海水浴場もキャンプ場から5キロくらいとかなり近いので

海に行ってからキャンプやキャンプから海という贅沢な自然アクティビティーを組むことができます。

肉体的疲労は中々キツイものがありましたが、、

楽しかったで良かったです。

キャンプ場情報

キャンプ場:Recamp勝浦

住所:千葉県勝浦市串浜1830

チェックイン可能時間13時〜17時

チェックアウト可能時間8時〜11時

大人2名

料金:AC電源付きサイト 12500円(時期によって変動)

全体的に設備がとても綺麗なキャンプ場でした。

お風呂やシャワーが無料と言うのも嬉しいポイントでした。

サイトも一般的な広さで多くの場所が芝で所々、砂利という感じだったので雨が降ってもテントはそんなに汚れないな!と感じました。

機会があればまたお世話になりたいと思います。

あわせて読みたい
清水公園キャンプ場に行ってきた感想!大人もガチで楽しめる公園の魅力 今回は都心から1時間弱で到着できる清水公園キャンプ場に1泊2日で行ってきました。 清水公園は清水公園駅という駅もあり、比較的大きい公園になります。 実はこのキャン...
あわせて読みたい
青根キャンプ場に朝から並んで行ってきた!混雑を避けて入場する裏技!口コミ完全ガイド お疲れ様です。もっくんです。 今回お邪魔したのは「緑の休暇村 青根キャンプ場」です。 夏にはピッタリの川遊びができるキャンプ場です。 行ったから分かる裏技的なチ...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる