大和に入社したい方必見!!

予約・配車

タクシーを早朝に予約する方法と早朝の料金について

タクシーを早朝に使う予定がある方で

「タクシーを早朝に予約することはできる?」

「早朝にタクシーを予約すると全部でいくらくらいかかる?」

「空港までお得に乗る方法ないかな?」

と考えている方は、お付き合いください。

※この記事では早朝を4時から7時までとします。

タクシーは早朝何時から営業しているのか?

24時間やっているタクシー会社もあればやっていない会社もあります。

東京などタクシーの台数が比較的多いところだと

24時間街中を車が走っているので、住んでいる場所次第では

すぐにタクシーを捕まえることができるでしょう。

地方の場合はほとんどが無線での配車になるので

事前に24時間営業しているタクシー会社や早朝から受け入れて

くれるタクシー会社を見つけておく必要があります。

タクシーを早朝で使うなら予約が確実

タクシーを早朝に使いたいということは

「早朝どこかへ行きたい」からですよね。

そんな時は確実にタクシーが来るように予約しておくことを

オススメします。

その理由に、早朝はタクシーの台数がかなり少なくなるからです。

飛行機の時間や遅れられないような用事がある時は

メーター料金とは別にプラスで料金はかかりますが

予約する方が確実にタクシーに乗れるので安心です。

では、タクシーを予約したい場合どのくらいの料金がかかるのでしょうか?

タクシーを早朝に使った場合の料金について

タクシーを早朝に予約して使う場合

タクシーの料金はいくらくらいになるのでしょうか?

抑えるポイントは以下の3つです。

・深夜料金

・迎車料金

・予約料金

です。

順番に見ていきましょう。

タクシーを早朝に使うと深夜料金は取られるの?

まず、気になるのが

「深夜料金(2割増)は何時までなのか?」

深夜料金は深夜22:00時から早朝5時まで

つまり、タクシーに早朝5時よりも前に利用する場合は

深夜料金での移動になります。

例えば、早朝4時55分に乗ってメーターを入れた場合は

早朝5時を過ぎた時点で普通運賃に切り替わります。

その時にメーターが「ピー」「ピーピー」と音を出します。

それは普通運賃から割増運賃や割増運賃から普通運賃に切り替わったよ!

という音です。

なので、いつメーターを入れたかではなく時間が来れば

勝手に切り替わるようになっています。

タクシーを早朝に呼んだ時の迎車料金とは?

タクシーを呼ぶと迎車料金というのがかかります。

迎車料金に関しては全国で金額が違いますので正確にいくらかかるかは分かりません。

東京都の場合でも420円かかるところもあれ320円のところもあります。

320円で呼べるタクシー予約アプリはMOVがオススメです。(私も使ってます)

MOVが使えるエリア

・東京

・神奈川県

・京都

・大阪

多くの場合は初乗り運賃が迎車料金として設定されています。

初乗り運賃一覧

東京 茨城県 山梨県 宮城県 大阪
420円 730円 730円 680円 660円
1.052キロ 2キロ 1.8キロ 1.7キロ 2.0キロ

大体これくらいはお迎え料金ということで費用がかかります。

タクシーを早朝に予約すると予約料金もかかる?

タクシーを予約して乗りたい場合は迎車料金+予約料金がかかります。

ココがポイント

迎車料金はお迎えをする料金です。

予約料金はいついつ使うからタクシーを1台予約してね!という時にかかる料金です

迎車というのはあくまでもタクシーを予約してすぐに乗ることが前提です。

逆に予約というのは少し時間を置いてからタクシーを使う人へのサービスです。

基本的に予約にはセットで迎車料金がかかるのが一般的です。

弊社では15分以内にタクシーを使わない場合は全て予約配車となります。

つまり、 15分以上経ってからタクシーを使う場合

東京都では迎車料金420円+予約料金420円の840円が

メーター料金とは別にかかります。

この予約料金に関しても全国で違うので

自分がどのエリアから乗るかで値段も変わってくるでしょう。

タクシーで早朝空港まで行きたい方は定額運賃がお得(東京)

タクシーを早朝に使いたいと考えている方の中には

「早朝に空港に行きたい」と考えている人も多いでしょう。

そんな時は定額運賃というサービスを利用することで安く移動することができます。

ただし、この定額運賃が使える移動先は以下の3箇所しかありません。

・羽田空港

・成田空港

・ディズニーランド

です。

この定額運賃が使えるエリアは以下です。

江戸川区 台東区 墨田区 文京区 千代田区
新宿区 渋谷区 足立区 葛飾区 荒川区
北区 豊島区 中野区 杉並区 世田谷区
板橋区 練馬区 武蔵野市 三鷹市

羽田空港までの定額運賃料金表

エリア 通常運賃5:00~22:00(2割増なし) 深夜・早朝22:00翌5:00(2割増あり)
江戸川区 7000円 8400円
台東区 7200円 8600円
墨田区 7200円 8500円
文京区 7300円 8800円
千代田区 5900円 7100円
新宿区 7100円 8500円
渋谷区 6600円 8000円
足立区 8800円 10400円
葛飾区 9100円 10700円
荒川区 8300円 9800円
北区 8800円 10400円
豊島区 8900円 10500円
中野区 7900円 9400円
杉並区 8500円 10100円
世田谷区 6900円 8300円
板橋区 9900円 11600円
練馬区 10200円 12000円
武蔵野市 11200円 13200円
三鷹市 10600円 12500円

タクシー運転手としてこの料金表を見ると

定額運賃の方が500円くらい安い料金設定になっていると感じます。

また、運転手が遠回りしたとしても定額なので料金が変わらないのは安心できます。

成田空港やディズニーランドの定額運賃も

詳しく見たい方は下記の記事をご覧ください。

定額運賃
タクシー定額運賃制度を分かりやすく解説!料金を簡単に調べられます。

続きを見る

早朝はタクシーがつかまらない理由

この記事の前半で少し紹介しましたが、早朝はタクシーがつかまりずらいです。

なぜなら、24時間営業しているタクシー会社も限られますし

早朝は運転手の数が圧倒的に少なくなるからです。

多くの運転手は世の中が動き出す7時くらいから出勤するので

早朝4時や5時といった時間になるとタクシーの稼働台数が

少ないことが原因です。

また、雨の日などタクシーの需要が高まることが見込まれる場合も

予約することが難しくなることがありますので早め早めの行動が大事です。

タクシーを早朝に予約する時のコツ

タクシーを早朝に予約して使いたい場合は

早めに予約の電話をしておくことに尽きます。

多くの方は、当日連絡すれば何とかなると考えていますが

タクシーを予約して使いたいと考えている人は

意外と多いということです。

確実に早朝タクシーに乗りたい場合は予約の電話や

いつから予約できるのか?

などの確認をしておくことがオススメです。

一般的には2〜3日前くらいから予約できます。

ただ、1日前からじゃないと予約を受け付けない会社もあるので

やはり、確認が必要でしょう。

まとめ

いかかでしたか?

タクシーは乗りたいと思った時に乗れなくて

「何で来ないんだよ!」と思うことも少なくありません。

なので、早朝から用事があって時間通りに出発したい場合は

迎車料金+予約料金がかかってしまいますが予約しておきましょう。

そして、全国でかかる金額や予約のタイミングにもバラつきがあるので

早めに予定が分かっているのであれば、タクシーも抑えておくのがいいと思います。

特に定額運賃などは当日予約は受け付けていません。

2〜3日前からの完全予約制です。

また、雨の日や雪の日はといった需要が高まる時は

予約することすらできない可能性があるので注意してください。

大和に入社したい方必見!!

-予約・配車

© 2021 タクシーの専門書